期限の利益喪失約款

期限の利益喪失約款とは、金銭消費貸借契約において、分割で返済する契約をしている場合、返済期日までに返済することを怠った場合等に、返済期日が到来していない借金も含めた全額を直ちに返済しなければならないと定めている規定のことをいいます。

期限の利益とは、債務の履行を猶予される債務者の利益のことをいいます。

期限の利益はどのような場合に失われてしまうのでしょうか。これは、民法137条に規定があります

期限の利益を喪失する例
 ①債務者が破産手続開始の決定を受けたとき
 ②債務者が担保を滅失させ、損傷させ、又は減少させたとき
 ③債務者が担保を供する義務を負う場合において、これを供しないとき

 上記の外に契約上、期限の利益を喪失する場合を盛り込むことができます。これが期限の利益喪失条項と呼ばれるものです。

期限の利益の喪失条項の例
 ①債務者において破産・民事再生・会社整理・特別清算等の申立があったとき、

 ②債務者が手形や小切手について一回でも不渡りを出したとき、

 ③債務者が支払を停止したとき、

 ④強制執行・仮差押・仮処分・滞納処分があったとき、

 ⑤その他、信用を損なう事由が生じたとき

期限の利益を喪失した場合、貸金業者から残金の一括弁済を求められたり、利息より利率の高い遅延損害金の支払いを求められることがあります。返済日に遅れる場合には、注意が必要であり、返済が困難なような場合には、専門家である弁護士に速やかに相談されることをお勧めします。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階