強制執行

強制執行とは、債務者が返済をしない場合に,債権者が民事執行法等に基づき、判決等の債務名義に基づいて裁判所に申立を行い、強制的に返済させる制度のことをいいます。

裁判手続きにより、債権の回収を行う最後の手段です。強制執行は、執行力のある債務名義の正本に基づいて実施することになります。

債務名義の種類

 ・確定判決

 ・仮執行の宣言を付した判決

 ・抗告によらなければ不服を申し立てることができない裁判

 ・仮執行の宣言を付した支払い督促

 ほか

強制執行は、その対象について、大きく分けて「金銭執行」と「非金銭執行」に分類されます。それぞれ手続きや要件が異なるため、自分が何を実現したいのか、そのためにはどのような準備を行ったらよいのかを意識しながら行う必要があります。

金銭執行とは、金銭債権を満足させるため、債務者の財産(具体的には、不動産、預金、給料、動産等)を差し押さえ、換価・配当等を行う制度です。

非金銭執行とは、金銭債権以外の債権(土地・建物の引渡・明渡請求権など)を強制的に実現するための制度です。

強制執行は。手続き的な側面が強いですが、権利・利益の実現のため、必要に応じて弁護士等の専門家に相談しながら手続きを進めることをお勧めします。

債務整理のご相談は何度でも無料

秘密厳守

0120-963-613(月~土 10:00~18:00)

※土日応相談・千葉県全域対応

メールでのご予約はこちら

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分
詳しく見る
千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階