自己破産

自己破産とは

自己破産とは、様々な理由により、借金を重ね、返済ができなくなった方が、裁判所へ申立てを行い、裁判所の決定を受けることにより、借金をゼロにするという手続きです。

借金がゼロになることにより、借金の悩みからも解放され、これまで返済のために回さざるを得なかったお金を貯金したり、必要なことに使えるようになります。

自己破産の大きなメリット

  1. 借金をゼロにすることができます。※1
  2. 業者からの取立てを止めることができます。
  3. 弁護士に依頼後は、すべての借金の支払いを止めることができます。
  4. 将来の生活への不安や毎月支払いを求められることへの不安がなくなります。
  5. 毎月の収入をすべて自分や家族のために使うことができます。

※1 税金など一部の借金はゼロになりません。

「お客様の喜びの声」

自己破産の流れ

1 受任通知の発送

弁護士が、ご依頼をいただいた当日に、「受任通知」を貸金業者へ発送し、今後の請求を止めます。また、今後の返済も止めていただけます。

2 法律に基づく適正な金利への引き直し計算

弁護士が、開示された取引履歴をもとに,法定金利(15~20%)に基づく引き直し計算を行い,正しい借金の金額を確定します。

この際、「過払い金」が発生する場合もあります。

なお、貸金業者から取引履歴が開示されるまで,通常は1~2か月間かかります。

3 申し立て書類の準備、申し立て

弁護士と打合せをしながら、裁判所へ申し立てる書面を作成していきます。あわせて必要書類の収集等を行っていただきます。

申立ての準備が整いましたら、裁判所へ申立てを行います。

4 破産の審尋・決定

指定された期日に裁判所へ出廷し、裁判官から、借金が増えて返済できなくなった経緯や財産状態などについて質問を受けます。弁護士も同席しますので、ご安心ください。(審尋は行われないこともあります。)

裁判所への出廷に先立ち、裁判所から指定された管財人による調査が行われる場合があります。

5 免責の審尋・決定

指定された期日に裁判所へ出廷し、裁判官から、免責不許可事由(ギャンブルによる借金など)について質問を受けます。弁護士も同席しますので、ご安心ください。(審尋は行われないこともあります。)

破産の審尋と同日に行われることもあります。

6 免責の確定

免責が確定すると、借金がゼロになります。

自己破産をすると・・・

  1. 7年から10年程度の間、新たにお金を借りることやクレジットカードを作成することが難しくなります。
  2. 官報に掲載されることになります。
    しかし、官報を購読している一般の方はほとんどいませんので、官報からご家族やご勤務先に破産の事実を知られることはまずありません。
  3. 自己破産手続開始決定から免責決定までの期間は、保険の外交員や警備員など、一定の職業に就くことができなくなります。

しかし、よく言われております以下のようなことは全くありませんので、ご安心ください。

自宅にある物を全て没収される、選挙権がなくなる、家族が代わりに借金を負うことになる、国外に出られなくなってしまう、戸籍に記載されるなどということは、一切ありません

法律相談受付中

通話料無料・携帯・PHP OK:0120-963-613(受付時間:月~土 10:00~18:00 ※土日祝日 応相談)

メールでのご予約はこちら

地図・アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る