債務整理・任意整理

任意整理(債務整理)について

任意整理とは、弁護士が貸金業者に対して調査・交渉を行うことで、借金を減額したり、残った借り入れについても、無利息で3年~5年程度の長期分割による返済を行うという内容の和解を結び,この合意内容に従って返済をし、債務問題を解決する手続です。

お借り入れされていた契約内容(貸金業者、利率、期間等)によっては、借金が減額されないこともあります。しかし、手続き後、将来支払わなければならない利息を支払う必要がなくなりますので、支払総額を減らすことができるという点で、この場合も大きなメリットがあるといえます。

任意整理の大きなメリット

  1. 業者からの取り立てを止めることができます。
  2. 借金を減額することができる場合があります。
  3. 今後のお支払いについても利息を支払う必要がなくなります。
  4. 支払いすぎたお金(過払い金)を取り戻せる場合があります。
  5. 調査、交渉が終了するまで、返済を一時停止することができます。
  6. 一部の借金のみを対象とすることができます。
  7. 自己破産や個人再生のように氏名などが官報に掲載されることはありません。
  8. 自己破産のように法律上の各種の資格制限がありません。

なお、任意整理手続きをすると・・・
5年から7年程度の間、新たにお金を借りることやクレジットカードを作成することが難しくなります。

任意整理の流れ

1 受任通知の発送

弁護士が、ご依頼をいただいた当日に、「受任通知」を各貸金業者へ発送し、督促を止めるとともに、これまでの取引の履歴の開示を求めます。

今後の返済を一旦止めていただけます。

2 法律に基づく適正な金利への引き直し計算

弁護士が、開示された取引履歴をもとに,法定金利(15~20%)に基づく引き直し計算を行い,正しい借金の金額を確定します。

この際、「過払い金」が発生する場合もあります。

なお、貸金業者から取引履歴が開示されるまで,通常は1~2か月程度かかります。

3 貸金業者との交渉・裁判

正しい借金の金額を基準として,返済の利息、返済期間・月々の返済金額などについて、弁護士が貸金業者と交渉していきます。

お客様にとってより良い条件による合意を目指していきます。お客様が業者と交渉をする必要は一切ありません。

過払い金が発生している場合には、取り戻しの請求、裁判を行います。

4 和解の成立・返済の開始

和解が整理すれば、その内容を書面にします。

合意書に基づき、月々の返済を開始します。

弁護士と司法書士の違い

任意整理の場合

借金の総額が140万円以下で任意整理を依頼する場合や、140万円以下の過払い金の回収を依頼する場合には,司法書士にも交渉権が認められていますので,弁護士と司法書士のいずれにも依頼できるということになります。

しかし,総額が140万円以下か否かは債権者毎に判断するのではなく,すべての債権者の合計額で判断されます。

そのため,借り入れが複数社からあり,借り入れ合計額が140万円を超える場合や,過払い金と借金の総額が140万円を超えるような場合は,司法書士に交渉権はないため,弁護士に依頼することが必要です。

また,過払い金が140万円を超え,任意での和解が困難な場合には,地方裁判所に訴訟を提起することになりますが、地方裁判所では,簡易裁判所と異なり,司法書士は代理人となることができず、弁護士に依頼することが必要です。

上記のような場合には、司法書士は過払い金返還請求訴訟の代理をすることができないため、ご自身で裁判を提起する必要があり、平日・日中に行われる裁判に何度も行かなければならなくなり、負担は確実に増えてしまうことになります。

これに対して、弁護士が過払い金返還請求訴訟の代理を行う場合は、本人の裁判所への出頭は必要ありませんので、ご自身の負担が小さくなることはもちろんですが、弁護士が裁判手続きを背景に交渉を進めることができるので、最終的に戻ってくる過払い金の金額が大きくなる可能性は高くなるといえます。

したがって、弁護士に依頼する方がメリットが大きいといえます。

法律相談受付中

通話料無料・携帯・PHP OK:0120-963-613(受付時間:月~土 10:00~18:00 ※土日祝日 応相談)

メールでのご予約はこちら

地図・アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る