事業承継

事業承継のフルサポート体制

弁護士法人ベストロイヤーズは、遺産分割・遺言などを中心とする相続事件に関して、多数のご相談・解決実績を有し、他士業を含む各種専門家との協力体制を築いております。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所は、家事事件のスペシャリストとして、常にお客様にベスト(最良)の解決を目指してまいります。

事業承継問題を適切に解決するためには、「後継者の選定」及び「お金に関する問題」(会社の財産評価、相続財産の分配、相続税への対応など)を避けて通ることはできません。

当事務所では、相続税に強い税理士や、不動産の評価に関わる不動産鑑定士、不動産の相続登記を行う司法書士、事業承継に関して会社の会計処理を適切に行う公認会計士との協力体制を築いており、必要に応じて各専門家の助力を得て、ベスト(最善)の解決を図っていくことが可能です。

事業承継の重要性、必要性

中小企業白書によれば、日本の企業の99.5%以上、約420万社が中小企業であり、その中で年間約30万社ある廃業の中で後継者の不在を第1の原因とする廃業はじつに約7万件にも及び、これによって失われる雇用は毎年約20万人から35万人と推定されています。後継者不在によりその会社の素晴らしい技術、経験が失われるなどし、経済の面でも大きなマイナスであるといわれています。

また、経営者・創業者のハッピーリタイアメントとの面からも、成功する事業承継は重要な問題です。

事業承継の4つのケース

事業承継には以下のように4つのパターンがあります。業種、会社規模、希望などにより最善の事業承継を考えていくことになります。

  1. 親族内事業承継
  2. 企業内事業承継
  3. M&A事業承継
  4. その他

それぞれメリット、デメリットなどがありますので、専門家に相談の上、最適な方法を見つけていきます。

事業承継の流れ

事業承継の主な流れは以下のとおりです。

1.経営者の希望のヒアリング(引退時期、後継者、承継方法、時期の希望など)

2.弁護士、公認会計士、税理士などの専門家による会社の現状の調査

3.事業承継計画の策定

  • 承継、キャッシュアウト、廃業)
  • 親族内承継、企業内承継、M&A(承継ケースに応じて)
  • 後継者の育成
  • 遺言・生前贈与の準備
  • M&Aの交渉

など

事業承継のポイント

事業承継を成功させるためには、会社のご事情、その業界の状況などを十分把握し、創業者、経営者の皆様のご希望を的確に理解するとともに、関連する法律(中小企業経営承継円滑化法、会社法)、相続税、株式の評価、企業組織再編などの法律、税務上の知識を駆使し、最も相応しい事業承継の準備を進めていくことが重要となります。

また、後継者教育や企業内での後継者の育成など、事業承継の完了から逆算して、できるだけ早い段階から、専門家へ相談し、準備を進めていくことが、成功する事業承継の鍵となります。

ベストロイヤーズ法律事務所では、企業法務、企業顧問の実績、税理士、公認会計士とのネットワークなどを有しており、事業承継・相続にも力を入れて取り組んでおります。ぜひ一度ご相談ください。

法律相談受付中

通話料無料・携帯・PHP OK:0120-963-613(受付時間:月~土 10:00~18:00 ※土日祝日 応相談)

メールでのご予約はこちら

地図・アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る